現在 、国際社会としての日本の英会話レベルは低いとされています。中学、高校、大学、専門学校等、英語を学ぶ環境は何年何十年とあります。しかし「英語を聞く、話す」という実践は少な過ぎるのではないでしょうか?

今までの英会話スクールはその為にできた自然の形かもしれません全ての英会話スクールの目的は「英語が話せる」を現実にすることですがまだまだ問題があります。その問題点の一つが英会話スクールであっても英語を話す練習があまりに少ないことです。何年も中学、高校で英語を学んで話せないのはテキスト中心で話す練習が少ないという問題点が分かっていて英会話スクールでも同じ事があります。「英会話スクール」ではなく「英語スクール」になりつつあります。その原因の一つが生徒数の多さです。
生徒が多くなると先生が生徒を把握しきれずテキスト中心のレッスンになってしまいます。

FANは今までのスクールと違います。
生徒さんを200名限定とし、講師は個別に生徒レベルを把握して
「聞く、話す」中心の実践スタイルです。
講師が生徒さんの個人レベルを知っているから楽しいレッスンになります。
多人数スクールではできないレッスンスタイルの確立です。
どこにもない システムを完全な形にするまで、数年の研究、実践が必要でしたが
結果として、どこのスクールにもマネできないスクールが誕生しました。
システムはもちろんですが授業料の低料金も研究、実践の成果です。
初年度の生徒さんには色々なご意見をいただき、このスクールの現在があります。
言わば、英会話スクールFANは生徒さんの要望が具現化されたスクールです。
開校当初のスタッフ、講師、生徒さんの意見が今でも生きており深く感謝しております
現在の生徒さんもこのシステムで格段に英会話力がアップしています。

まで、たくさんの初心者の方がFANにご入学いただきました。
開校当初はテキスト中心のレッスンを行っていました。
 
しかし初心者の方へテキスト中心でレッスンすることでは英会話力の向上はあまりありませんでた。
なぜならテキストだけでは実践力がつかず、楽しさも少ないからです。
 
「聞く」「話す」中心のレッスにすることで楽しさが生まれます!
 
聞く」「話す」中心のレッスン
それは、先生が生徒のレベルを把握してレッスンをしないと生徒には簡単過ぎたり、難し過ぎたり、全く意味のないものになります。そこでFANは講師に生徒の顔、職業、英会話レベルを把握した上でレッスンするように指導してきました。大きいスクールはもちろんFANにも個人管理表はありますが、これだけでは個人レベルを把握するのは無理です
つまりスクール全体で少人数化することで可能になったレッスンです。
 
結果、上級レベルのレッスンも高度なものになりました。
 
 
 
 
FANがレッスンで大事にしていることは「楽しさ」
英会話は1ヶ月ではマスターできません、ぞの為にレッスンには楽しさが必要です。
初心者の方は誰でも緊張します。しかしFANの講師は親切・丁寧にレッスンしながら生徒さんの力を把握するので初心者の方にも安心です。